相談ができる

「オリジナルTシャツを制作したいけれども具体的なイメージがわかない…」という方もいるはずです。そのような方のために業者の中には、メーカー専属デザイナーを用意しているところもあります。この場合、皆さんのイメージを聞きながら具体的なデザインを提案してくれます。業者の中には、簡単なラフスケッチさえあればあとはデザイナーが具体的にデザイン制作しているところもあります

コールセンターまた各種相談に乗ってくれるような業者もおすすめです。生地や加工方法をどうするか、納期についての相談のできる業者であれば、安心して任せられるはずです。このように気になることやわからないことがあれば、些細なことでも相談してみるといいでしょう。相手とコミュニケーションをとることで、親切丁寧に対応してくれるかどうかもわかります。

オリジナルTシャツの業者の中には、生地やプリントの加工代が安いとわかると途端に相手の対応が悪くなるような業者もあります。またコミュニケーションがしっかりとれない業者だと、こちらの要望を正確に理解してもらえず、でき上がりが自分のイメージと違ってしまう恐れも高まります。ですから親切に対応してくれ、相談したいときに速やかに応対してくれる業者を見つけることです

参考:オリジナルTシャツ製作業界トップクラスのCitto+(チットプラス)

Pocket

連絡方法の種類

オリジナルTシャツ業者を選ぶにあたって、どのような連絡方法を用意しているか確認しましょう。現在のところ、Webを介したやり取りが主流となっています。入力フォームがホームページ上に用意されていますから、こちらから申し込みます。そしてその後のやり取りについてはメールを使ったものが多いです。

パソコンデザインの入稿についてもWebサイトを介した方法が一般的です。もしデザインをいろいろと指定したければ、どのソフトに対応しているか確認することです。もし自分が普段使っているソフトに対応している業者であれば、やり取りもスムーズになります。一方自分が普段使っていないソフトでないと入稿できない場合には、やり取りの中で思わぬ不備の生じる可能性もありますから注意しましょう。パソコンの使用環境についてはWebサイト上に掲載されているはずですから、申し込む前に確認するのがおすすめです

また「パソコンはどうも苦手…」とか「手書きのイラストでTシャツを作成してほしい」という方もいるでしょう。業者の中には郵送やファックスを使って入稿できるような業者もあります。このようなさまざまな方法で入稿できるショップであれば、お客さんの立場に立って相談に乗ってくれたり、サービス提供していることがうかがえます。

Pocket

自社工場の有無

TシャツオリジナルTシャツを依頼する業者選びで意外と重要なポイントになるのが、自社工場を持っているかどうかです。実は「オリジナルTシャツ制作します!」といっている業者の中には、自社工場を持っていないケースも少なからず見られます。つまり注文だけ受け付けて、あとは他社に制作は丸投げしているわけです。中には大手のメーカーの工場で製作しているケースもあり、仕上がりのレベルの高い業者もあります。しかし結局どこが実際にTシャツの制作をしているかわからないわけで、仕上がりも自分の思い通りになるか未知数です。

自社工場であれば、その業者の評判などを確認すれば、そのレベルも把握できます。また自社工場の場合、いろいろと要望を出してもしっかり対応してもらえるケースも多いです。例えばTシャツのデザインについて、細かなこだわりがあっても安心して任せられます。

また中には「短い納期で急遽オリジナルTシャツを作ってほしい」というケースもあるでしょう。自社工場ではなくほかに依頼している場合、このようなスピーディな対応はなかなかできません。しかし自社工場があれば、制作の順番を前後調整するなど柔軟に対応してもらえるかもしれません。自社工場で製作しているかどうかはサイトを見ただけではわからないかもしれないですから、直接問い合わせるのがおすすめです。

Pocket

オリジナルTシャツの選び方

日本全国でオリジナルTシャツの制作を請け負っている業者がいくつもあります。インターネットで検索にかけてみると、実にさまざまな業者のホームページがヒットするはずです。せっかくお金を出して制作依頼する以上、満足度の高いものに仕上げてほしいところです。であれば、どの業者に依頼するか慎重に選ぶべきです。選び方のポイントはいくつかありますが、先ほど紹介したホームページをチェックするのもその一つです。

Tシャツホームページを見てみると、実際に過去の制作事例が画像付きで紹介されていることが多いです。この画像を見て、自分たちのイメージするTシャツを制作してくれそうか確認することです。またいろいろな制作事例があれば、それだけ実績があって信頼して任せられる業者であることが予想できます。

そのほかには会社概要がWebサイト上に明記されているかどうか確認することです。会社の所在地や電話番号、社長などの責任者の名前といった情報の記載されていない業者には依頼しない方が無難です。また電話番号についても代表の連絡先が明らかに携帯電話の番号である場合も注意が必要です。さらに特定商取引法や個人情報保護方針、プライバシーポリシーなどが明記されているかもチェックポイントです。特に特定商取引法に基づき支払方法や納期、返品条件を明記することは消費者庁から義務付けられている項目です。こちらの記載がWebサイト上どこにも記載されていなければルールを破っていることになり、お任せできない業者であることは明白です。

まずは自社工場の有無について説明していきます。

Pocket